シワシワの手に効果が高いハンドクリーム「ハンドピュレナ」

シワシワの、老け手、ハンドピュレナ、ハンドベイン

手に何度もハンドクリームを塗り直してもシワシワが解消しなく、子供やパパからも「最近、ママの手老けたねぇ」と言われていませんか?

 

手の年齢は隠せないと言いますが、毎日ほんの少しケアするだけで年齢以上の老け手(年を重ねてハリが不足した手)になることを防げます。

 

手の老化は早い人で30代から始まります。

 

40代になると女性ホルモンが減少することで老化が早くなり、50代に入ると一気に進行してしまいます。

 

手のケアを日頃からしていないと、あっという間に「おばあちゃんの手」になってしまいますよ。

 

あなたの手は年齢より老けていませんか?

 

あなたの手年齢は何歳?

シワシワの手

 

シワシワの手に効果が高いハンドクリームが販売されました。

 

あなたの手が年齢以上に老けて見えるようなら一度試してみて下さい。

 

特に「ハンドベイン(手の甲の血管が目立つ状態)」の方にとても有効なハンドクリームです。

 

この商品は「ハンドピュレナ」といって東証一部上場企業(株)北の達人コーポレーションが販売している商品です。

 

発売と同時に評判が広まり注文が殺到したことで生産が追い付かず、一時は予約1万2千人以上待ちになりました。

 

現在は生産が追いついていますが、それでも注文から3〜5日前後の発送となる超人気商品です。

 

ハンドピュレナ

「ハンドピュレナ」詳細

価格

お試し定期コース利用で2,970円(税別)

使用量

30g入りで約1ヶ月持ちます。

返金保証

25日間しっかり使っても効果が実感できない時は全額返金保証してくれます。

カウンセリング

不明点や質問など電話やメールで無料カウンセリングを受け付けています。

4つの安心

  • エタノールフリー
  • パラペンフリー
  • 紫外線吸収剤フリー
  • パッチテスト実施済み

「ハンドピュレナ」の特徴

ハリ・弾力ケア

ハリと弾力を生み出すビタミンEをカプセルに閉じ込めて配合されています。

 

カプセルに閉じ込めることで繊細で不安定なビタミンEを保護することに成功し、肌に触れてから初めて溶け出すように開発されました。

 

ですのでビタミンEがいつでもフレッシュな状態で角質層に届きます。

乾燥によるくすみケア

角質層内の水分・油分を保持するマンダリンオレンジ果皮エキスが配合されています。
手の肌表面だけでなく角質層の内側から輝くような手肌に導いてくれます。

角質層ケア

一番気になるスカスカだった角質層を3Dボリュームセラーの働きで、コラーゲンを溜め込む力をサポートします。

 

それで痩せた角質層がふっくらと弾力のある柔らさに戻り、凸凹の無い滑らかな手肌にしてくれます。

ツヤ溢れる若々しい手肌に

手肌にツヤを持たせる7種の美容成分が配合されています。

  • ナツメヤシ種子エキス
  • スイゼンジノリ多糖体
  • クロレラエキス
  • Wビタミン(ラウリルグリセリルアスコルビン酸、アスコルビン酸)
  • クダモノトケイソウ果実エキス
  • ヒアルロン酸Na
  • スクワラン(植物由来)

手を外部刺激から保護します

手は常に紫外線や乾燥などの外部刺激にさらされていますが、プロテクトベール形成技術採用により、

 

外部刺激から保護するだけでなく、前述した各種弾力・美容成分を閉じ込めることで、より角質層まで浸透できるように働きかけます。

 

「ハンドピュレナ」使い方

 

 

「ハンドピュレナ」口コミ

 

51歳、村尾千香様
人前で手を出すのが恥かしかったのですが、そんな悩みが解消しました。
使い始めてすぐに自分の皮膚に合っていると感じました。


 

56歳 K.H様
使ってみてヌルヌル感もなく、適度なしっとり感です。
大変優れているので、値段以上の価値はあると思います。


 

37歳 M.O様
まずシワシワ手をケアする専用ハンドクリームがあることに驚きました。
使用感がとても良いので気に入っています。


 

ハンドピュレナ

手の甲の血管が浮き出るのは病気?

手の甲の血管が浮き出るケースでは病的なものもあれば、そうでないものもあります。

 

多くは加齢現象ですが、手を水平に心臓の高さまで上げた時に血管が目立たなくなれば問題ありません。

 

心臓よりももっと高く上げないといけない場合は心臓病の疑いがあります。

 

そんな場合は一度お医者さんに診察してもらいましょう。

 

シワシワの手をつくる原因

手がシワシワになる大きな原因は紫外線です。

手が紫外線を浴びることで、コラーゲン、エラスチン成分が破壊されます。

 

その結果、この2つのタンパク質成分が閉じ込めているヒアルロン酸、セラミドも減少してしまうのです。

 

そのために、手の老化が早まります。

 

25歳を過ぎると加齢も重なりコラーゲンが減少することでダブルでシワができる原因を作ってしまいます。

 

紫外線はシワを作るだけでなくシミの原因にもなるので日頃のケアがとても大事です。

水分に触れることでシワが増えます

手に付いた水分が蒸発すると角質層がしぼみ、皮膚が凹むことでシワの原因を作ります。

 

冬場は特に熱いお湯で手を洗うと手の皮脂も洗い流されてしまうのでより乾燥しやすくなります。

 

手を濡らす行為は手の老化を早める可能性があります。

 

手を濡らしたら吸湿性の良いタオルやハンカチで丁寧に手の隅々までキレイに拭き取る習慣をつけましょう。

血管の老化

手の甲に浮き出る血管「静脈」は皮膚の近くを通っているので血管が老化すると浮き出やすくなります。

 

血管は加齢とともに厚くなり、また伸びきることで収縮力が弱くなります。

 

そうすると血管は太く、硬くなりより目立つようになるのです。

 

血液の循環がよくない生活習慣病にかかっていると、ドロドロの血液がより血管を広げてしまいます。

皮下脂肪の減少

女性ホルモンの減少により血液の周りの脂肪細胞が減少することで手の血管が目立ってきます。

 

体系も変わらず、体重も減っていないのに手だけが痩せてきたり、ゴツゴツしてくるのは女性ホルモンの減少が原因です。

除菌ソープ

使いすぎると肌に刺激を与え、手が荒れた部分に雑菌がつきやすくなります。
液体アルコールも使い過ぎは乾燥を招くのでほどほどにしましょう。

トイレの温風乾燥機

お店などのトイレによく見かける温風乾燥機は肌を乾燥させるので、手を洗った後は吸湿性が高いハンカチで拭くようにしましょう。

シワシワ手を守る

食器を洗う時には手袋をつける

食器を洗う時にゴム手袋をつけることで水や洗剤から手を守り手へのダメージを防げます。

 

特に食器洗剤は強い界面活性剤が含まれているので直接触れることで手荒れの原因になったりします。

ハンドクリームを塗る

色々なハンドクリームが販売されていますが、おすすめは冒頭に紹介した「ハンドピュレナ」です。

 

効果をより高めたいとお考えなら保水力の高い化粧水を手につけてからハンドクリームを塗るといいでしょう。

 

ハンドピュレナ

日焼け止めは1年中使う

外出しない日でもガラスを通じて紫外線は家の中に入ってきます。

 

家にいるときも日焼け止めを塗るようにしましょう。

 

日焼け止めに含まれる成分は肌に刺激があるので、紫外線散乱剤使用、もしくはケミカルフリーと書かれた低刺激のものを選んでください。

外出する時は紫外線防止手袋をする

紫外線防止手袋を着用することで、かなりの紫外線をカットできます。

 

車を運転する時でも手の甲に紫外線をたくさん浴びるので必ず着用することをおすすめします。

食物でもケア

ハンドクリームによる外側からのケアだけでなく体の内部からもケアすることで老け手を改善できます。

 

肌の保湿やコラーゲンの再生を促す「シリカ」を摂取することで手の老化を防げます。

 

シリカはケイ素と呼ばれ体内にも存在しているのですが、その量はとても少なく、1日に30mg前後が失われてしまうので、こまめに摂取することが必要です。

 

シリカの含有量の多い食物としては、キビ、ジャガイモ、小麦などがあります。

 

キビは玄米に含まれています。

 

食事で摂るのが難しければシリカ入りのサプリメントやミネラルウオーターが販売されているので、そちらから摂取してもいいでしょう。

血管の老化を防ぐ

生活習慣病(糖尿病、高血圧症など)にかかると血管の老化を早めてしまうので、健康的な生活を意識し、

 

適度な運動、質の良い睡眠、バランスの良い食事、ストレスを溜め込まない、タバコはやめる、アルコールは適量を心がけましょう。