ハンドクリームを塗ったときにヒリヒリしませんか?

ハンドクリームで手荒れは治らない

 

手荒れのケアでハンドクリームを使っている人は多いと思うのですが、

 

実はハンドクリームなら何でも良いという事ではないんです。

 

ハンドクリームによっては、手荒れが治るどころか逆に悪化するケースもあるんです。

 

あなたはどんなハンドクリームを使っていますか?

  • 尿素配合のハンドクリーム
  • 保湿系のハンドクリーム
  • 薬用ハンドクリーム

この中で尿素系クリームを使っている人が多いのではないでしょうか?

 

尿素系クリームは、肌の保水力を高めてくれるだけでなく、角化した角層を取りのぞいて皮膚をやわらかくしてくれる効果があるからです。

 

実は、この尿素クリームが使い方によっては、手荒れをひどくさせてしまうんです。

 

ハンドクリームを塗ったときにヒリヒリした痛みを感じることがありませんか?

 

そんな場合は、手がひび割れやあかぎれになっていたり、細かい切り傷が手にできたりしているのが原因です。

 

でも、手荒れをケアするのがハンドクリームだからと塗り続けていると、傷にハンドクリームが入り込んで悪化させてしまう場合もあります。

 

傷口にクリーム成分が入ってヒリヒリするのは、症状を改善させていると思いがちですが、

 

実は尿素クリームでは症状が改善されないどころか、ますます悪化させてしまうんです。

 

皮膚科の先生もハンドクリームだけのケアでは手荒れは完治しないと話しています。

 

症状によってクリームをしっかりと使い分けることが重要だそうです。

 

こんな時はビタミンCやEが配合されたハンドクリームを使います。

 

血行をよくし免疫を高めることで症状を改善させてくれます。

 

手がヒリヒリすると思ったらクリームだけでなく、軟膏を塗ったりしてしっかり治していく必要があります。

 

ハンドクリームをつけて手がヒリヒリしたら合ってないということなのでハンドクリームを変えて様子をみましょう。

 

とにかく、何も塗らないよりはましだろうと、ハンドクリームをこまめにたくさん塗るのはやめましょう。

 

手荒れの改善にはあまり効果は期待できません。

 

市販のハンドクリームの成分のほとんどは油分なので、油膜が表面を覆うため外部との刺激が和らぎ痛みも軽減されます。

 

しかし、手荒れの根本的な原因は乾燥なので、油分を塗っているだけでは手荒れは改善されないのです。

 

皮膚からの水分の蒸発は抑えることができますが現状維持が精いっぱいです。

 

手荒れが起きる人は、手内部の水分がそもそも足りないのですから、ハンドクリームを塗っても治らないのはこのためなんです。

 

ひょっとしたら、改善しないままそんな状態を何年も続けていませんか?

 

尿素クリームに含まれる尿素は、肌の角質を柔らかくするということで化粧品に使われたり、保湿剤としても医薬品でも使われたりしています。

 

尿素は10%以下の配合量なら安全性は高く、皮膚刺激性や眼刺激性はほとんどありません。

 

ドラッグストアなどで販売されているハンドクリームの多くの種類に含まれている成分なのですが、デメリットもあるのです。

 

尿素は手荒れに効果的な成分としてよく知られています。

 

分子量が小さく、水によく馴染む性質を持っていて、水分を吸着する働きもあることから保湿成分として有能です。

 

また、もう一つの尿素の効能として、ケラチンというタンパク質でできた角質を溶かす働きがあります。

 

この働きのおかげで、ゴワゴワした手が柔らかくなるのです。

 

実はこの角質を溶かす作用がデメリットにもなるのです。

 

この効能はピーリングと同じで、使い続けているとターンオーバーが早くなって、

 

まだバリア機能が充分でない未成熟な若い肌が表面を覆うようになります。

 

さらに続けて尿素クリームを使い続けると、まだ育っていない若い肌も溶かしてしまうんです。

 

その結果、肌の乾燥をもたらし敏感肌にもなったり外部からの刺激にも弱くなったりします。

 

尿素クリームを使うと、肌が柔らかくなることから「これはいい!」と使い続けてしまうんですが、

 

このまま使い続けていると、今まで何ともなかった刺激や水仕事でも刺激を感じるようになってしまいます。

 

つまり、ある意味効きすぎてしまうんです。

 

ですので尿素クリームを一定期間使って改善されてきたら、今度はセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されたハンドクリームに切り替えることが必要です。

 

切り替えるタイミングは人それぞれですが、ターンオーバーの期間の約28日前後が目安になると思います。

 

手湿疹、あかぎれ、ひび割れがある場合は皮膚が炎症を起こしているので炎症が治るまでは使わない方がいいでしょう。

 

また、ターンオーバーが正常な10〜20代や、真皮が薄くなる60代以上もバリア機能を低下させるだけなので避けた方がよいでしょう。

 

人間の手のひらは皮脂腺がありません、手の甲は皮脂腺はあるのですが、とても少ないです。

 

つまり皮脂膜という油分で内部からの水分の蒸発を防いだり、外部からの刺激をバリアする機能がもともと弱い部位なんです。

 

そのために、日ごろからハンドクリームをこまめに使うことで保湿をし外部からの刺激から防御することが重要です。

 

手を保湿するには、ハンドクリームを塗る前に低刺激の化粧水を使うのがおすすめです。

 

ハンドクリームはオリーブオイルやヒアルロン酸といった保湿成分が配合されたハンドクリームを使うといいでしょう。